プラチナカード徹底解説WEB TOP → プラチナカード所得に向け 取得が比較的簡単プラチナカード
■取得が比較的簡単プラチナカード

通常はゴールドカードを取得したのちにプラチナカードへのインビテーションをまつというのがプラチナカードを取得するためのパターンになります。 難しいとされているプラチナカードの取得ですが、その中でも他のカードと比べ比較的取得しやすいプラチナカードがいくつかあります。

プラチナカードを狙いやすいカードには

  • シティーゴールドカード
    (年会費12,600円:初年度無料:25歳以上で年収400万円以上)

  • 三井住友VISAゴールドカード
    (年会費10,500円:onlineで初年度年会費半額:30歳以上で安定した収入があること)

  • JCBゴールドカード
    (年会費10,500円:初年度無料:20歳以上で安定した収入があること)

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
    (年会費27,300円:25歳以上で安定した収入があること)

    などがあります。

    そのなかでももっとも取得しやすいとされているのがシティのゴールドカードになります。 シティゴールドカードは世界に通用するブランドなので、ゴールドカードとしての評価もいいです。

    シティのプラチナはVISAプラチナ系になりますが、インビテーションが届くまでのハードルは比較的低いとされているのです。 またプラチナカードとしては年会費も5万円代と安くバランスが取れているカードになります。 ですがあくまで取得しやすいというだけで誰でも会員になれるわけではありません。