プラチナカード徹底解説WEB TOP → プラチナカード所得に向け 収入、資産を増やす
■収入、資産を増やす

プラチナカードを持つためには、やはり収入や職業もかなり大きく影響しています。転職などを繰り返すことによって信用情報は悪化してしまいます。企業の規模が大きくなる程、勤務年数が長くなるほど、役職が高くなるほどやはり評価されやすくなるのです。

しかし、自営業だとしても可能性はあるので、安定した収入を確保することが大切です。一方資産も大きく影響しています。やはり賃貸マンション、アパートよりも持家の方が高く評価されます。また両親が住む実家などを自分の名義に変えることで評価を上げることもできますので、可能ならば検討してみてください。

収入が大きく影響するというと、プラチナカードを持つことが出来る人はエリート社員や年収が数千万以上ある人だけではないか というふうに感じられます。 高級住宅に住んでいて、外車などを乗り回している人のみが持つことの出来るカード・・・ですが実際には年収一千万以下の いわゆる中流階級と呼ばれる普通のサラリーマンの人がプラチナカードを所有しているケースというのは少なくないのです。

確かに職業などは関係してきますが、プラチナカード所有者は、大方の人がイメージとして持っている金持ち像とは 少し離れたところにあると言えるかと思います。

職業や収入よりも大事なものがやはり先程いったクレジットカードの利用頻度などのクレジットヒストリーになります。 これを磨けばプラチナカードを持つことが出来る守備範囲内に入ることが出来る可能性は高くなるのではないでしょうか。