プラチナカード徹底解説WEB TOP → プラチナカードの注意点 金銭感覚の変化
■金銭感覚の変化

金銭感覚の変化というのはプラチナカードそのものについての直接のトラブルではありませんが、カード保持者に起こりやすいトラブルなのでこちらも紹介しておきたいと思います。クレジットカードをもつと、持たない時と比べると現金を持つ量がどうしても減ってしまいがちになります。そのために何らかの理由でカードが使用出来なくなったり、カードが使えないお店に入ったりすると現金を使いすぎてしまったりすることが多くなりがちです。

気づくと財布の中が空っぽなんてことにもなりえます。カードが使える店でカードで払うつもりになっていても、飲み会などで幹事が現金で全員の負担分を集める場合に、カードに慣れていると、あらかじめ現金を準備いなくて金銭トラブルが発生する可能性もあるので、カードを持っていても多少の現金は持ち合わせておくようにしましょう。

1番大切なことはクレジットカードも現金と同じ感覚で使用するということです。 今では高額な買い物をする時だけでなく、普段使いの買い物にもカードはとても便利なものとなっています。 しかし、現金のやりとりがないことから支払い能力以上の買い物をカードで行ってしまいがちになります。

カードの決算でも最後は結局利用者がそのお金を支払わなければならないということに変わりはありません。 そのことを頭にいれておいて、現金と同じように大切にしようするようにしましょう。 そうすることで、より便利で安全にクレジットカードを使用することが出来るようになると思います。